読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はこがわ!お取り寄せグルメ

「イカ夫」と「うどん妻」が函館と香川より地元グルメをお取り寄せ!

北海道フェアin代々木2016に行ってみた(後編)

この記事は前回の続きとなります。


hakogawagurume.hatenablog.com


代々木で北海道フェアがやっているとの情報を聞きつけ急遽かけつけたイカ夫とうどん妻。

目的は北海道のグルメを食べ歩き!


前編での最高評価は「メロンソフト」でした。

f:id:hakogawagurume:20161006233645j:plain



前編の記事で既に満腹に近かった為、この記事はグルメがあまり関係ないオマケ記事となります(笑)


ジャガバター


f:id:hakogawagurume:20161009224402j:plain


デザート感覚?かどうかは謎ですが、定番のじゃがバターにも挑戦しました。


ジャンボジャガバター チーズのせ

f:id:hakogawagurume:20161009224532j:plain

おおきい!


北海道といえばジャガイモも有名ですよね。

メークイーン
インカの目覚め
男爵
とうや
ホッカイコガネ

色々ありすぎて全てを把握する事は難しいです。

リンク先に色々とありますので興味のある方はご覧下さいませ。

主要品種紹介 | 農政部生産振興局農産振興課

じゃがいも品種


今回食べた品種はキタアカリという品種です。
かなり人気の高い品種ですね。


甘みとコクがありホクホク感も凄いです。

煮崩れしやすいとの事で、確かに食べた時のホロっとした感じは特徴的かも。


バターだけではなく、チーズも乗せた事で、旨みが更に濃くなりました。
こういう外のイベントでこんな贅沢なジャガバターは食べた記憶がありませんね。

f:id:hakogawagurume:20161009224911j:plain
塩も用意してあり気が利いてます♪


満腹に近いのにボリューム満点のジャガイモ…ナイス追い討ちです(笑)



ジャンボジャガバター チーズのせ 600円
f:id:hakogawagurume:20160907221234j:plain


その他、見かけて気になったもの


もうガッツリ食べるには流石にお腹がパンパンなので、適当に歩きながら見て回る事にしました。



・北海道野菜の詰め放題

f:id:hakogawagurume:20161009225108j:plain

これは面白い企画ですよね。

カレーで使えそうな具が詰め放題でした。
皆さん、ジャガイモ、にんじん、たまねぎをバケツに山盛りしておりましたよ。

新鮮で美味しい北海道野菜という事も加味すると400円はリーズナブルなのでは?

荷物が重くなるので挑戦はしませんでしたが…。
近所のスーパーでもやってくれないかなぁ(笑)


・焼きカニは行列

f:id:hakogawagurume:20161009225132j:plain

いくつか行列が出来ているお店がありましたがその一つがカニ!

立派で大きな焼きガニをその場で食べられるという魅力的な企画。
これはどう考えても美味しいでしょうなあ…。

行列が凄かったのでイカ夫は並びませんでしたが…。

ナマモノじゃなくて焼き物なので、お刺身系より鮮度が致命的にならないのも良いのかも。
北海道らしさも感じられてGOODな企画でした。

カニ通販にも興味が出てきちゃう…。

・悪魔ソフト

真っ黒なソフトクリームに目がいきました。

f:id:hakogawagurume:20161009225217j:plain

イカ墨ソフトか!?
と思ったのですがどうやら違ったようです。

ビターショコラ味のようですね。


実は我がふるさとの函館には真っ黒な「イカ墨ソフト」が実在するんですよ(笑)
なので「まさか!?」と思ったわけです。

www.kirahako.net


ステージもありました


当日は色んな方によるステージでのパフォーマンスもありました。

ストリートミュージシャンもそうですが、外で歌っている人を見るとついつい聞きたくなります。
それが実力派であればあるほど、ずっと立ち止まって聴きこんでしまいます。


イカ夫が行った時は演歌歌手の「はかまだ雪絵」さんが歌っておりましたよ。
民謡出身の演歌歌手のようで、声がよく通って気持ちよい歌唱が楽しめました。

f:id:hakogawagurume:20161009225316j:plain

演歌歌手の方は表現力が凄いと言われます。
はかまだ雪絵さんもその例に漏れず、本当に「これぞ実力派のプロ!」というステージを見せてくれました。

普段、演歌は聴かないのですが、いやマジで聞き惚れてしまいましたね。
演歌の曲は単調のきわみなのに、それでも聴かせるんだから相当の表現力って事ですよ。


更に「ロックソーラン」という曲では聴衆と熱いコール&レスポンスまで(笑)

イカ夫も思わずドッコイショ!とかソーラン!とか叫んでおりました。


公演後に思わずCDを買って握手とサインもらっちゃいました(笑)

f:id:hakogawagurume:20161009225435j:plain


末永く活動頑張って下さい!!

はかまだ雪絵 公式サイト


ハスカップ炭酸水で疲れた体を癒す


f:id:hakogawagurume:20161009225949j:plain

はかまだ雪絵さんとのコール&レスポンスで喉が渇いたイカ夫は飲み物を探す事にしました。


北海道らしい飲み物、やっぱりありましたよ~!

ハスカップ炭酸水!!

f:id:hakogawagurume:20161009230020j:plain


ハスカップとは?

栽培・群生しているのは北海道だけ!
北海道の苫小牧市が主な生産地だそうです。

見た目からしてぶどうの仲間なんですかね~!!


ハスカップの詳細はこちらあたりでどぞ
taspy.jp



流通が難しいらしく、加工されるか、冷凍などで流通に乗る事が多いみたいです。

酸味の利いた爽やか味を試してみたい方には通販なんかもあります。


ジュースの味ですが、酸味も甘みも少し抑え気味で、爽やかさとゴクゴク飲めるスッキリさを前面に出しておりましたね。
少し果実ぽいものも中に入っておりましたよ。

夏にゴクゴク飲みたい味でした!


ハスカップ炭酸水 200円
f:id:hakogawagurume:20160829230828j:plain


キュンちゃんに萌えるうどん妻


な、なんか歩いてきたぞ!

f:id:hakogawagurume:20161009230158j:plain


色々グッズも販売されているぞ!

f:id:hakogawagurume:20161009230306j:plain



こいつの正体は…


キュンちゃん!!!!!!!!!!!!

f:id:hakogawagurume:20161009230206j:plain


キュンちゃんはエゾナキウサギ
まあるい耳とつぶらな瞳が特徴の北海道にしかいない、たったひとつのキャラクターです。
見るもの・触れるものの気持ちを「キュン」と感動させること。
それが、キュンちゃんの名前の由来です。
キュンちゃんの部屋 / キュンちゃん紹介



キュンちゃんに「キュン」ときちゃったうどん妻の希望で、キュンちゃんを記念撮影してガラポンを回してきましたよ~。
記念撮影すると京浜もらえるみたいなのでね!
f:id:hakogawagurume:20161009230323j:plain


そうしたらなんと2位の「キュンちゃん付箋」と

f:id:hakogawagurume:20161009230347j:plain

3位の「キュンちゃんラムネ」が当たっちゃいました(笑)

f:id:hakogawagurume:20161009230355j:plain


これはもう運命かもね?
という事でキュンちゃん小銭入れをお土産に買ったとさ。

f:id:hakogawagurume:20161009230407j:plain

余談ですが、シカの気ぐるみを脱いだ時のキュンちゃんは結構ぶさいくです(震え声)


ええい!最後にまたスイーツだ!ふわふわゆきいちご


f:id:hakogawagurume:20161009230431j:plain

食べ歩きの締めくくりに再度スイーツに挑戦!

メロンソフトで感じた「スイーツは裏切らない」これ、真理。


栄えあるラストのふわふわゆきいちご!

f:id:hakogawagurume:20161009230601j:plain


一見ちょっとオシャレなカキ氷ですが、なんと氷は一切使っておりません!

全て凍った苺を削って作っているとの事。

こ、これはちょっと凄いのではないでしょうか!!!!


北海道コンデンスミルクをぶっかけして提供されます。
いちごミルクが冷たい氷菓子になったような、そんな感じですね。

女性、お子様受けも最高に抜群でしょうな。


気になるお味は

カキ氷、イチゴジャム、コンデンスミルクを足して3で割ったような味です。


苺そのままなので、苺だけだと結構酸味があるのですが、コンデンスミルクのおかげで誰でも食べやすいスイーツ感が出ました。

f:id:hakogawagurume:20161009230817j:plain

あ~画像を見ていたらまた食べたくなってきた(笑)


そこらへんで気軽に食べられるものではないでしょうから
北海道系のイベントで見かけたら是非チャレンジして欲しいですね。

公式ツイッターを見ていると沖縄にも出店しているみたいですね。
暑い場所だから最高に美味しいでしょうな~。

twitter.com


ふわふわゆきいちご 600円
f:id:hakogawagurume:20160907221234j:plain


北海道の美味しそうなレアチーズケーキをお土産に買う


本当にもうこれ以上は食べられない!
という状態でもう大満足。

記念にスイーツのお持ち帰りをしました。
(まだスイーツを買うのか)


札幌村スイーツ こだわりレアチーズケーキ

f:id:hakogawagurume:20161009230927j:plain


函館産クリームチーズ100%という部分が気に入った!

函館という文字にはお財布もゆるむのです~。


プレーンのレアチーズケーキ2つ
ブルーベリーのレアチーズケキ2つ
合計4つで1200円!


日を変えて美味しく頂きました~!

f:id:hakogawagurume:20161009231053j:plain


うん、美味しいです。

結論は美味しいです!とても!!!


レアチーズケーキというと、クッキーみたいな土台部分もあると思うのですが、ここのレアチーズケーキはムースみたいな感触の、ふわふわぐにょぐにょしたあの部分のみで構成されております。
お口の中でふわっとトロけるアレですよ。
なんか贅沢だなぁ。


ヨーグルトベースで爽やかな味なのですが、クリームチーズの濃厚なコクも上手く調和しており、これぞ北海道!って感じなんですよ。
美味い。

f:id:hakogawagurume:20161009231132j:plain

甘さは気持ち控えめで、上品な仕上がりになってます。
これが個人的にまたポイント高いわけです。


やっぱりスイーツは裏切らないなぁ。
しみじみ美味い。

ブルーベリー版は、すっきり爽やかに比重を置きたい方にオススメしたいです。

f:id:hakogawagurume:20161009231209j:plain

チーズのみをしっかり楽しみたいならプレーンにしましょう。


ちなみにこの会社は本来は「スイートポテト」が有名なお店です。
何故「スイートポテト」にしなかったかというと、単にその時の気分だったのです(ズコー)

今度はしっかり挑戦してみようと思います!!
ポテトなら通販もあるのでお便利です♪
(レアチーズケーキの通販は発見できず)


レアチーズケーキ 4つで1200円
f:id:hakogawagurume:20160907221234j:plain


まとめ


とても楽しかったです。
f:id:hakogawagurume:20160912200702j:plain


平日にいったせいか、混雑も大したこともなく(席はそれなりに満杯でしたが)
行列に並ぶのが嫌いなイカ夫でも、そこまでストレスなく食べ歩きできました。

また来年も行こうって思わせてくれる北海道フェアでしたよ。

f:id:hakogawagurume:20161006231843j:plain


スイーツは裏切らない。

海鮮ものは期待しすぎると裏切られる。

これは心にしっかり刻んでおきます。


次はナマモノではなく焼き物に挑戦してみようかな~!


また北海道系のイベントがあったら参加してレポートしたいと思います。
ではでは~。

スポンサーリンク